CMS5000患者モニタ

CMS5000患者モニタはNIBP(非観血的血圧測定 )を採用し、ヘモグロビン検査技術とボリューム脈波計技術を組み合わせて、血酸素を測ることができる機器です。収縮期血圧、拡張期血圧、平均血圧、酸素飽和度脈拍数など数値は精確に測量可能です。外形は精巧で、高機能で、簡単かつ便利な操作で、各級病院、コミュニティ医療や家庭に適合します。

製品特徴
◆成人、小児および新生児など全年齢層に適用するオールラウンドの監視機器。簡単な操作で高いコストパフォーマンス。
◆ 内科、外科、手術室、ICU/CCU、救急処置室、産婦人科と小児科に適用。
◆再充電可能なリチウムポリマー電池内蔵で、途切れない監視を確保できる。
◆柔軟なデザイン性でコンパクトな外観。携帯便利で、室内と屋外(救急車)の監視に適している。
◆ユーザーフレンドリーなインターフェイスを持つ
◆ディスプレイ2.4''(320×240)TFTカラー液晶と青色LED搭載。
◆収縮期血圧(SYS)、拡張期血圧(DIA)、平均血圧(MAP)、酸素飽和度(SpO2)、脈拍数(PR)5つのパラメーターが可視および可聴アラーム搭載。アラームの上、下限値は自分で設定することができる。
◆ユニークなフラッシュメモリ内臓。最大2000 NIBPデータまたは48時間以内のSpO2データの記憶装置。
◆測定データの検索や問い合わせる機能で便利かつ迅速である。
◆オプションパラメータ:温度

NIBP監視(非観血的血圧測定 )
コロトコフ音法と同様に上腕に巻いたカフを加圧することにより、血圧を非観血的に測定する。コロトコフ音ではなく、カフ圧振動の振幅の違いにより、収縮期血圧・拡張期血圧・平均血圧を判定する。
測定方法:オシロメトリック法
測定モード:手動/自動/連続
自動測定間隔:1〜255分の範囲で調整可能。
解像度:1mmHg。
精度最大平均偏差≤±5mmHg、最大標準偏差≤8mmHg。
セルフチェック機能。
過圧保護:ソフトウェアとハードウェアの二重保護。
生体情報モニター範囲:

成人:
収縮期血圧:40mmHg〜270mmHg
平均血圧:20mmHg〜235mmHg
拡張期血圧:10mmHg〜215mmHg
小児:
収縮期血圧:40mmHg〜200mmHg
平均血圧:20mmHg〜165mmHg
拡張期血圧:10mmHg〜150mmHg
新生児:
収縮期血圧:40mmHg〜135mmHg
平均血圧:20mmHg〜110mmHg
拡張期血圧:10mmHg〜100mmHg

上限値と下限値範囲:
成人:
収縮期血圧:40mmHg〜270mmHg
平均血圧:20mmHg〜235mmHg
拡張期血圧:10mmHg〜215mmHg
小児:
収縮期血圧:40mmHg〜200mmHg
平均血圧:20mmHg〜165mmHg
拡張期血圧:10mmHg〜150mmHg
新生児:
収縮期血圧:40mmHg〜135mmHg
平均血圧:20mmHg〜110mmHg
拡張期血圧:10mmHg〜100mmHg

SpO2(動脈酸素飽和度)のモニタリング
◆継続的なリアルタイム測定。
◆強力な抗干渉能力を持つデジタルSpO2の技術を採用する。
◆SpO2、脈拍数、SpO2の脈波、棒グラフ、SpO2および脈拍数(PR)トレンドグラフリなどアルタイムに表示可能。
◆トレンドグラフはスケーリング機能付き。
◆標準成人フィンガークリッププローブ付き、新生児のバンドルプローブを選択可能。

SpO2(動脈酸素飽和度)の測定
範囲:35%〜100%(分解能:1%)
精度:0%~100%:±2%、及び70%未満の段階で特定されていない。

脈拍数測定
範囲:30bpm〜250BPM(解像度:1bpm)
精度:±2bpmあるいは±2%の最大値を選択。
弱い灌注状態での誤差: パルスが0.4%であるときに、SpO2と脈拍数を正しく表示することができる。SpO2の誤差は±4%ですが、このパルスレート誤差は±2bpmあるいは±2%の最大値を選択。
環境に対する抵抗性:人工光や室内自然光の条件での測定値は暗室の条件での測定値と比べて、 偏差が±1%未満である。

生体情報モニタはhttp://www.athenadental.jp/まで